【ピーチローズ】はお尻専用ボディクリーム

 

いくら形の良いお尻でも、ブツブツや黒ずみがあっては全て台無しです。

 

鏡で自分のお尻をチェックし、現状を把握して日々観察していきましょう。

 

 

 

 

お尻のブツブツの原因と対策は?

 

ブツブツをつぶすと悪化や色素沈着として跡が残るので、最小限で食い止めましょう。

 

1、蒸れ

 

下着、ストッキング、ぴったりしたボトムスでお尻は常に蒸れ蒸れです。

 

肛門や尿道はもともと細菌が多く、蒸れることで繁殖しやすい状態になります。

 

・下着は、吸水性の良いコットン

 

・ストッキングは、ガーターやオーバーニー

 

・ゆったりめのボトムス

 

蒸れない服装で細菌の繁殖を防ぎましょう。

 

 

特に生理中は、経血が細菌の栄養となります。

 

雑菌を繁殖させないため、ナプキンをこまめに変えるか、布ナプキンを試してみて下さい。

 

 

2、摩擦

 

・ぴったりした服が好き

 

・座っている時間が長い

 

・垢すりタオルでごしごし洗っている

 

このような方は、摩擦による刺激がお尻にかかっています。

 

刺激が多いとお尻を守ろうとして角質が厚くなります。

 

それがターンオーバーの乱れにつながり、毛穴が詰まりやすくなるからブツブツが発生してしまうのです。

 

 

椅子にクッションを敷いて圧力を分散させると、摩擦軽減に役に立ちます。

 

 

3、洗いすぎ

 

「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」は合成界面活性剤です。

 

安価なボディソープには必ず入っています。

 

これらは洗浄力が強いので、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

 

常在菌のバランスが崩れ、お尻にはますますブツブツが増えていきます。

 

 

ボディソープの使用を3日ごとするなど、回数を減らしてみましょう。

 

オーガニック石鹸に変えるのも良いです。

 

洗うときは、垢すりタオルを使わずに手のひらで「なで洗い」してみてください。

 

 

 

 

お尻専用ボディクリーム【ピーチローズ】でケアしよう!

 

新たなブツブツを発生させないのも大切ですが、今あるブツブツも早くケアして黒ずみにならないようにケアしましょう。

 

お尻は他の部位と違って皮脂が多く出やすく、蒸れや摩擦が多い部位です。

 

そんなお尻に特化した薬用ボディクリームを使うことで、肌トラブルを治めていきます。

 

・ブツブツが痛くて座っていられない

 

・彼に見られるのが恥ずかしい

 

・皮膚科に行くのをためらっている

 

このようにお悩みなら、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

今なら安心の60日間返金保証付きです♪

 

>>「お尻ニキビ・シミ・黒ずみ」薬用ジェル【ピーチローズ】公式サイト

 

\返金保証は公式サイト限定です。/